変な私を受け入れる‼ ~躁鬱病になってから~

30代、女です。数年間、パニックと躁鬱とお付き合いしています。激しいアップダウンのなか、自分を面白おかしく見つめるブログです。

久々のうつ

お盆休みの連休で、すっかり気分が落ち込んでしまった。

悲しいことがあるわけでもないのに、涙がポロポロと出てしまう。 常に涙が準備されていて、トイレとか一人になったときにダーッと出てくる。

私は連休に弱い。年末年始、ゴールデンウィークとか連休で気持ちがおかしくなる。薬を一気に飲んでしまったり。自分のこと強く殴ったり。遺書を書いたり。 会社に毎日行きたい。会社では、私のこと必要としてもらえる。 あともう少しだ。

離脱症状が出なくなった

7月12日から朝の抗不安薬をやめた。今までで1番の減量幅で、強い離脱症状も覚悟してたけど、

離脱症状が全く出ない‼ たぶんプロテインのおかげ。

減薬始めて2年ほど、あんなに苦しんでいた離脱症状が全く出ないって・・

DNSというホエイプロテインを、1日1杯飲むだけ。たったそれだけなのに、こんなに効果があるなんてすごい。

この発見を世の中に広めたい! 離脱症状に苦しんでいる方に、ぜひ試して欲しい。 お金もあんまりかからないし、プロテイン飲んで体に悪いことはないしね。

このままいけば、夜の抗不安薬もすぐ止められるかも。

家に帰りたくない

夫と二人で家にいるのが辛い。ちょっとしたことでからイライラして、私に八つ当たりする。

止めてって言っても治さない。 もう10年以上も、暴言と八つ当たりに耐えている。

子供の頃は母親から、大人になってからは夫から。ずっと理不尽にイライラをぶつけられてる・・・

今帰宅中だけど、帰るのが嫌でお腹痛い。まずいかも。

辛い、辛い。

今日から朝の薬を断薬します

昨日も眠れず。酷い顔をしている。

でも思いきって、朝の薬を止めてみようと思う。

ロラゼパム1日3錠(0.5mg×3)を数年飲んでしまったが、薬の依存性に気づき、減薬に取り組んで2年。とうとう朝夜0.02mgまで減らすことができた。今ではシャーペンの芯の先みたいな大きさの粒を飲んでいる。

これより小さい重さは、家にある精密天秤では計ることができない。

思いきってゼロにしようと思う。ちょっと減量幅が大きいがしょうがない。

これからしばらく離脱症状が大変だろう。苦しいのはよくわかっているが、頑張って乗り越えたい。

母親に心を奪われた

最近は躁でもなく鬱でもなく、よくわからないテンションで過ごしています。

昨日のカウンセリングで、急にこんなことを言われた。「あなたは、小さい頃に母親に心を全部奪われたんだね」と。

自分の感情は押し殺し、親の機嫌が良くなるように親の考えに従っていた。小さい頃からそうしていたから、自分の気持ちを感じることができなくなってしまっているらしい。

子供の頃は「〇〇が欲しい」って言うこともできない雰囲気だった。悲しいとかも言えなくて、いつもニコニコしていた。でもほめられたことは一度もない。ダメな子で邪魔だと言われていたし、自分でもそう思ってた。

母親にとっては、自分の自尊心を保つため、私がダメな子で自分の意志を持たない方が都合がいい。私は母親に都合よく洗脳されたんだと。

子供は親から見放されたら生きていけないもんね。幼い私は頑張って生きようとしていたんだよ、と先生は言ってくれた。

なんとなく虚しくて辛いのは、自分の感情を他人から認められたこともないし、自分でも認めていないからだという。

これからはカウンセリングで、私の感情を先生が認めてくれるらしい。それで少しずつ自分を取り戻していけるのかも。

そうすれば、ちょっとは生きたいって思うようになるのかな…

知ってよかった森田療法

パニック障害と診断されて3年ほど。今では日常生活でパニックになることはない。

(離脱症状でパニックになることはある)

休職中に、パニックに関する本を手当たり次第に読んだが、最も役立ったのは森田療法の本。

不安や症状を取り除こうとするのではなく、症状のある状態が「あるがまま」の自分であると認める。

目からウロコだった。治そうとするのではなく、病気を受け入れるという発想はなかった…

それまでの私は、症状が出て、できることが少なくなることに焦って「どうすれば治るんだろう」と悩んでいた。それが酷くなる原因だったとは。

ここからは私の解釈。

パニックになることを怖れるというのは、症状のない自分が「完璧」で「理想的」と考えているから。それこそがパニックの原因となっている完璧主義そのもの。

本来人間は完璧ではないし、不安になることは当たり前なのだが、完璧主義のためそれを極端に怖れてしまう。

電車に乗ったら、不安でパニックになってしまうかもしれないけど、それを怖れることはない。だってパニックになる自分も紛れもない自分だから。笑われたって良いじゃないか。もともと完璧じゃないんだもん。

心の底からそう思えるようになったら、電車に乗れるようになった。

親知らずの抜歯成功

パニック障害な私でも、無事に親知らずの抜歯ができた!ほとんど埋まって横に生えてるやつ。歯茎を切開して、歯を細かく削りながらで時間がかかったけど、平常心でいられた。自分でもビックリ。

私がパニックを起こすことを心配して旦那さんが付き添ってくれたけど、クールな私にビックリしてた!

抜歯の予定を決めた1週間前は怖くて怖くて、想像しただけで息苦しくなってた。どうやって乗り越えたかというと、あんまり人には言えないんだけど・・・

「私は近いうちに自殺するんだ。親知らずの抜歯ぐらいで怖がってたら自殺できないぞ!」と真剣に考えたら、全く怖くなくなった。

前日も、「明日は私は死ぬんだから、抜歯の出血とか痛みなんて関係ない」と本気で考えたらちっとも怖くなかった。

周りの人から、「すごい冷静だね。怖くないの?」と聞かれたが、怖くない理由なんて言えないよね… 「何でだろうね~⁉」と返すしかない。

もしかして、この考え方で全てが怖くなくなるのでは。パニック克服できちゃうかもしれない。